読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1093979
0
世界はマネーに殺される
2
0
0
0
0
0
0
経済・金融
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
資金逃避とフラン建て債権に苦しむスイス

『世界はマネーに殺される』
[著]青木文鷹 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ユーロを採用していない地域でも資金の大移動の余波を受け、為替が過度に変動し、厳しい経済環境に陥っています。最も苦しい選択を迫られているのはスイスです。

 ギリシャの財政危機に端を発したソブリン危機がスイスを直撃し、スイスの通貨「フラン」が高騰し始めたのです。

 1ユーロ=1・6スイスフラン前後で推移していた為替が雪崩を打ったかのようにスイスフラン高に傾き、1・4、1・2……と急騰しました。これは円に例えると1ドル=90円だった為替が67円近辺まで円高になったようなものです。

 スイスは国内市場も小さく、欧州圏への輸出が経済の柱のひとつであるため、急激なスイスフラン高は国内企業の価格競争力を著しく悪化させます。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2158文字/本文:2464文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次