読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
100
kiji
0
0
1094539
0
9.11アメリカ同時多発テロもう一つの真実 命の賛歌 ニューヨーク市消防局32分署
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2002年11月

『9.11アメリカ同時多発テロもう一つの真実 命の賛歌 ニューヨーク市消防局32分署』
[著]ジェシカ・ロック [発行]スマートゲート


読了目安時間:21分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


体にエネルギーが満ちてくるのを感じ、体調が回復するにつれ、ピュリッツアー賞の音楽部門に、私の作った楽曲『リーディング・オブ・ザ・ネイムズ』で参加しようという、途方もない考えに捕らわれていた。私はそこで賞を取り(取るに違いない)ニューヨークで好きなだけ活動を続ける、ということだけがその壮大なチャレンジの動機だった。問題があるとすれば、私の作った楽曲が世界中で演奏され、大きな注目を浴びなければ話にならない、ということだった。


私はケニョン大学でオーケストラと合唱団の指揮者をしている兄にその楽曲を録音したCDを送った。兄がどう評価してくれるのかは分からなかったが、すぐにメールが届いた。兄は、いい作品だと思うとは言ってくれたが、結果は私の期待通りではなかった。彼は2003年8月に予定されている、ノックス郡交響楽団とケニオン大学合唱団の大規模な公演の準備をしている最中で多忙だった。


正直に言うと、私の夢は妄想に終わった。でも、消防士たちとの関係を続けていくことを断念する気は全くなかった。それから間もなく、オハイオ州のトレドにあるマスターワークス聖歌隊が『英雄たちへの賛歌』というコンサートを開くと知らせてくれた。私は聖歌隊にCDを送った。すると、2003年5月のコンサートの一部で私の楽曲を使うという連絡があった。私はオーケストラ・リストというインターネットのサイトにその楽曲を掲載した。そのサイトを運営している仲間は、2003年4月にカリフォルニアで4回のコンサートを企画していると知らせてくれた。ミシガン州の指揮者がそのサイトで私の楽曲に目を留め、2003年11月に2回の公演をする予定だということだった。


ボストンで人気者のラジオアナウンサーのドン・デラ・チーサは、彼のミュージック・アメリカという番組で、私の楽曲を放送で流すことを承諾してくれた。


私の作ったあの楽曲---難しすぎて誰も演奏できないし歌えないはず---は、本腰を入れて取り組まなければならないものになっていった。オーケストラ楽団と合唱団のために、その曲を再構成しなければならなかった。それぞれの演奏者によって感覚に微妙な差があり、それに応じて仕上げていくという作業だったので、いくら時間があっても足りないほどだった。合唱の部分だけでも、プリントアウトが完成するまで3週間もかかった。


楽曲の趣旨を説明する文章も書かなければならなかった。私は32分署のトミー・ラーフリンに、昨年の夏、私に読ませてくれたあの感動的な手紙を使ってもいいだろうかというメールを送った。


彼は次のような返事をくれた。



2002/11/23 12:20 AM,tlaughlincs.com


ジェシカ・ロックへ


最近あまりメールのチェックをしていなかったので、返信が遅くなりました。


元気にやっているのでしょうね。


日ごとに寒くなっていきますが、そちらも寒いでしょうね。暖かくしていてください。


私が見せた手紙を使ってもらっても問題なしです。でも、名前は伏せておいてください。好きなようにお使い下さって結構です。


おめでとう、よかったね!


12月に顔を見せてくれるのかな?


トム



発信:ジェシカ・ロック<jessicalshore.net>


日付:2002年11月27日 水曜日 02時01分


宛先:トミー・ラーフリン<tlaughlincs.com>


件名:RE:<Program notes>


やあ、トム。


ありがとう、感謝します。


あなたの手紙は私の楽曲をさらに素晴らしいものにしてくれるでしょう。


兄が私の曲をリハーサルしたそうですけれど、演奏後は奇妙な沈黙があったそうです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:8699文字/本文:10274文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次