読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1094826
0
独身女性の性交哲学
2
0
2
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
§ 愛あるオナニーのススメ

『独身女性の性交哲学』
[著]山口みずか [発行]二見書房


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ



 純粋に、肉体的な快楽を求めようと思ったら、それを相手の技術のみにゆだねようなんて甘いと言わざるをえない。

 オーガズムを得るためには、「大好きな彼」っていう感情だけじゃ不十分だ。自分の体調や、相手の技術も絡んでくる。感情・体調・技術のバランスでいかようにも左右されるものだ。

 人間の本能は壊れているという意見に賛成の私だけれども、「性欲」自体は存在する。「性欲」をしかるべき状況で発揮するためのコードが狂ってしまっているのだ。

 性欲の中枢は、脳の視床下部という「食欲中枢」に近いところにあるというから、割と原始的な機能なのだ。だから、お腹が空くのと同じようにセックスしたくなるのは当然のこと。ただ、セックスという行為は、学習しなければ身につかないし、その上にモラルやら嗜好やらいろんな幻想が張りついているので、自分の身体本来の欲望に目を向けるのが困難なのだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:2615文字/本文:2994文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次