読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1094830
0
独身女性の性交哲学
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
§ 負け犬の発情

『独身女性の性交哲学』
[著]山口みずか [発行]二見書房


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 負け犬代表・酒井順子の、結婚相手の条件は「同衾できるか」、つまりセックスできる相手かどうか。生理的に気持ち悪ければ、相手の職業がたとえ医者でも結婚しないそう(『負け犬他流試合』小倉千加子との対談)。かといって、相手がイケメン貧乏ミュージシャンでも結婚はしないんだって。

 つまり彼女が結婚にいたるには、セックス許容範囲と、一般レベルの経済力が必要ということになる。

 そんなにヤリたいと思える男が少ないってどういうこと?

 そこで私が考えるのは、年齢と性的許容範囲について。

 若い頃は、男性は猿みたいにヤリたがるというけれど、女性だってそれは同じじゃないのだろうか。ただ、若い女性は貞操云々で性を抑圧される。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2491文字/本文:2793文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次