読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1095212
0
ママ、さよなら。ありがとう 天使になった赤ちゃんからのメッセージ
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
★流産にも「安産」がある

『ママ、さよなら。ありがとう 天使になった赤ちゃんからのメッセージ』
[著]池川明 [発行]二見書房


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 

 私は、流産も正期産(せいきさん)37週0日から41週6日までのお産のこと。正常な時期のお産という意味)と同じ、ひとつのお産と考えています。

 流産の中には、おなかの中で赤ちゃんの心臓が止まったものの、赤ちゃんの体は外に出ないでとどまっているという、稽留流産があります。

 いまの日本では、稽留流産がわかったとたん、病院の都合で日取りを決め、赤ちゃんを外に出す手術をすることがほとんどです。

 けれど、稽留流産でも、慎重に経過を見守っていると、やがておしるしがあり、陣痛(じんつう)があって、赤ちゃんが外に出てくるのです。

 手術をするのは、赤ちゃんが自然に出るのを待っていると、胎盤(たいばん)()がれても子宮が収縮せず、出血するリスクがまれにあるためです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1716文字/本文:2047文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次