読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1096380
0
スター・ウォーズ フォースの覚醒 予習復習最終読本
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
進化したストームトルーパー

『スター・ウォーズ フォースの覚醒 予習復習最終読本』
[著]河原一久 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 第1作の「スター・ウォーズ」の公開当時から、帝国軍の兵士ストームトルーパーは「クローン」、つまり「複製された人間」の兵士だと言われてきた。「エピソード2」で登場したクローン兵士「クローントルーパー」は、賞金稼ぎジャンゴ・フェットのDNAを基に製造されたクローンだったし、そのクローントルーパーが銀河帝国の誕生と共にストームトルーパーへと進化していったと信じられてきた。実際、それを裏付ける描写もある。


 「エピソード4」で、R2‐D2とC‐3POが隠れていたデス・スター内の指令室にストームトルーパーの一団が踏み込んでくる場面があるが、この時、画面の右端のトルーパーがドアに頭をぶつけるのだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2155文字/本文:2451文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次