読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1096384
0
スター・ウォーズ フォースの覚醒 予習復習最終読本
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
新たな3部作とスピンオフの展望

『スター・ウォーズ フォースの覚醒 予習復習最終読本』
[著]河原一久 [発行]扶桑社


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 これまで、劇場用スター・ウォーズ映画は3部作として2度作られてきたので、計6本。両3部作の最初のエピソードが公開されてから3年ごとに次回作が公開され、観客は6年間で3作品を観ることができた。


 3年に1本しか公開されないため、次回作を待つ3年間はファンにとっては苦しくも楽しくもある時間だった。次作への期待と不安に思いを巡らし、断片的に漏れ伝わってくる情報に一喜一憂、そして公開が近づくとカウントダウンを興奮と共に楽しむ、といった具合だ。


 それでもやはり3年は長いわけで、仕方ないとはわかっていても誰もが「早く観たい」と願い続けていたのも確かだった。


 とまあ、願ってはいたものの、それが本当に実現するとはこれまた誰も思っていなかったのだが、今後スター・ウォーズはこれまでよりも「ずっと早く観られる」ようになった。



 2012年のルーカスフィルム買収の発表時にディズニーは、2015年から2020年にかけて、1年おきに新しい3部作を、その合間にスタンドアローン版のスピンオフ映画(スター・ウォーズ・ストーリーと呼ばれる)を公開すると発表した。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3258文字/本文:3727文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次