読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1096445
0
許せないという病
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
現実と感情の否認

『許せないという病』
[著]片田珠美 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 否認には二種類ある。現実の否認と感情の否認である。


 現実の否認は、自分が受ける衝撃を少しでも小さくするための防衛だが、極端な場合には相手の言動自体を見て見ぬふりをすることさえある。典型的な自己()(まん)であり、家族や恋人などの愛する者の裏切りや不正行為に対する反応として、しばしば認められる。


 たとえば、深夜の帰宅、ワイシャツについた口紅、ポケットから出てきたホテルのレシート……などいくらでも証拠はあるのに、夫が浮気しているという現実を妻が認めようとしない場合。こういう場合は、「仕事で忙しいから帰りが遅くなるのは仕方がない」「電車の中で女性の乗客とぶつかったのかもしれない」「仕事の打ち合わせでホテルを使うこともあるでしょう」……といった言い訳を自分で自分に言い聞かせて、現実から目をそむけようとする。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1208文字/本文:1566文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次