読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1096446
0
許せないという病
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【第二ステップ】「怒り」を受け入れる

『許せないという病』
[著]片田珠美 [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 許すことと自分の怒りを受け入れることとは水と油のように思われるかもしれない。だが、第3章で指摘したように、許せない人は結局のところ「喪の作業」ができず、対象喪失と向き合えないわけだから、対象喪失を受け入れる過程の第二段階の「怒り」をきちんと自覚し、そういう負の感情が自分の中にあることを受け入れてはじめて、許すための第二ステップへと進めるのである。


 ところが、間違った考え方が世の中には流布している。「許すためには、怒りのような厄介な感情を押し殺さなければならない、できれば心の中から追い払うべき」という考え方である。これは、とんでもない勘違いであり、こんなふうに思い込んでいる人ほど態度で怒りを示すようなことをする。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2571文字/本文:2881文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次