読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1097513
0
大笑いのプロジェクト×(バツ)
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◇突撃軍用犬計画・あまりのヘマに笑うっきゃない“犬の特攻隊”

『大笑いのプロジェクト×(バツ)』
[編]現代ビジネス研究班 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 第二次世界大戦に登場したもっともマヌケな“兵器”といわれるのが、ソ連の「突撃軍用犬」である。

 動物を軍事に利用したという冷酷非情さも批判の対象となっているが、その犬にとんだシッペ返しをくらったことでも、もの笑いのタネとなっている。

 ソ連では当時、“パブロフの犬”のように、軍用犬にある反射条件を覚えさせた。その条件は、戦車の底をエサと連想するということである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:354文字/本文:535文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次