読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-1
kiji
0
1
1098559
0
嘘だらけの日露近現代史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第八章 ソ連はなぜ冷戦に負けたのか?

『嘘だらけの日露近現代史』
[著]倉山満 [発行]扶桑社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

主な登場人物

金日成(一九一二年~一九九四年) 北朝鮮の独裁者。スターリンの手下。朝鮮戦争を引き起こす。

ヨシップ・ブロズ・チトー(一八九二年~一九八〇年) ユーゴの独裁者。ヒトラーを追い返し、スターリンを脅した、バルカンのカリスマ。

ニキタ・フルシチョフ(一八九四年~一九七一年) ソビエト連邦共産党書記長。スターリン批判をその死後に行い、ソ連の体制を動揺させる。

ジョン・F・ケネディ(一九一七年~一九六三年) 第三十五代アメリカ大統領。核戦争を起こしそうになり防いだら、なぜか英雄になった。

リチャード・ニクソン(一九一三年~一九九四年) 第三十七代アメリカ大統領。巡り合わせの悪いアメリカ大統領。史上唯一、任期中に退陣。

ロナルド・レーガン(一九一一年~二〇〇四年) 第四十代アメリカ大統領。ソ連に軍拡競争を挑み、勝利するアメリカ大統領。アダ名はロン。

ミハエル・ゴルバチョフ(一九三一年~) ソ連の最初で最後の大統領。ソ連の徳川慶喜? ペレストロイカの着地に失敗した。

中曽根康弘(一九一八年~) 第七十一~七十三代内閣総理大臣。戦後政治の総決算を掲げた首相。JR・NTT・JTの民営化はやった。だからどうした?

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:503文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次