読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1098623
0
社長さん、お金を残したいなら税務署の嫌がることをやりなさい!
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
税務署が嫌がる社長の成功事例8 洞察力と大局観と賢者の経営で儲けなはれ!

『社長さん、お金を残したいなら税務署の嫌がることをやりなさい!』
[著]鈴木和宏 [著] 中島孝志 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


【儲けの心得】

●社長は虫の目、鳥の目、魚の目で、大局観をもて

●シャーロック・ホームズばりの洞察力をもて

●社長の生き方は経営理念そのものとこころえて、賢者の経営を行うこと

●利益は御利益。おかげさまの心を忘れない



◆ポタポタ落ちる水道の蛇口の水からナイアガラの滝を連想できまっか?



 社長は大局観をもって経営にあたらなければなりません。そこで、「三つの目をもて」というマインドセットをご紹介します。


 一つは虫の目です。いま目の前にあることをきちんと見つめる目です。二つ目は鳥の目。鳥瞰するというとおり、長い目で、俯瞰して見る目です。そして三つめは魚の目です。ワイドレンズで別次元からとらえなおしてみる目です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1346文字/本文:1646文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次