読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1098846
0
希望のイチゴ〜最難関の無農薬・無肥料栽培に挑む〜
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2014年、無農薬の自家苗8000株を確保

『希望のイチゴ〜最難関の無農薬・無肥料栽培に挑む〜』
[著]田中裕司 [発行]扶桑社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 5月後半から6月にかけて、イチゴの親株の葉のつけ根から地をはうように細長いツル「ランナー」が伸びる。伸びたランナーは先端に子苗(子株)をつけ、さらにランナーを伸ばして子苗を増やす。この繰り返しで次々と増える子苗を「マルチポット」と呼ばれるビニール製の容器で受けて根づかせていく。


 子苗はポットで受けた順番で「太郎」「次郎」「三郎」「四郎」または「子」「孫」「ひ孫」……と呼ばれて大事に育てられる。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:705文字/本文:904文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次