読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1099043
0
裏社会「闇」の構図 ヤクザとカタギの黒い関係
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
最後の大物総会屋、小川薫の「闇の論理」

『裏社会「闇」の構図 ヤクザとカタギの黒い関係』
[著]礒野正勝 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 「またヤッたか。いったい何度目なんだ」

 その名前を見つけた私は、思わず大声を出していた。

 新聞の社会面に載っていた20行ほどの記事を目にして、なつかしい名前に驚くと同時に、衝撃を受けた。総会屋の小川薫が、警視庁に恐喝未遂容疑で逮捕されたというベタ記事だった。東証1部上場の不動産会社「アーバンコーポレーション」(本社・広島市)の社長に手紙を送りつけて、現金を脅し取ろうとしたのだという。脅迫文は、反社会勢力との関係を株主総会で暴露する。仲間の総会屋も強烈に質問すると言っているが、自分なら質問を止められる、という内容だった。

 平成18年6月のことで、年齢は70歳になっていた。

 私は、かつて小川薫にインタビューしたことがあり、なつかしくもあったが、まだ企業恐喝を行っていたことの衝撃のほうが大きかった。というのは、平成15年5月にも、やはり警視庁に恐喝容疑で逮捕され、その報道でひさびさに小川薫の消息を知り、まるで彼と再会したような感慨を抱いたことを覚えていたからだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3341文字/本文:3776文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次