読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1099109
0
巨人軍の巨人 馬場正平
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
力士になる運命だった昔の巨人

『巨人軍の巨人 馬場正平』
[著]広尾晃 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 日本では、巨人は相撲界に入るのが一般的だった。


 大相撲は18世紀半ばには今の興行形態とほぼ同じになっていた。番付も、1757(宝暦7)年から現在までつながっている。


 当時の番付の最上位は大関だったが、18世紀末までは、大関には実力のある力士を()えず、地方でスカウトした体が大きい素人を置いた。これを「当座関」「看板」と言った。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:498文字/本文:665文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次