読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1099169
0
巨人軍の巨人 馬場正平
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
二軍戦で好成績を上げる

『巨人軍の巨人 馬場正平』
[著]広尾晃 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 馬場のこの年の初登板は、4月16日の多摩川球場での東映二軍との試合。


 1対4で敗戦投手になる。


 戦評では「この試合は馬場投手が登板した時を狙われたもの。まだまだ自分の体を持て余している感があり大きすぎる投球モーションはランナーがいる時は特に注意を必要とするのではないか」とある。


 要するに走者を出して走られて、崩れたのだ。



 4月16日 巨人軍多摩川


 東映 000 220 000


 巨人 001 000 000


 ●馬場



 5月に入ると馬場は定期的にマウンドに立つ。二軍のリーグ戦はなく、あくまで練習試合ではあったが、ほぼローテーション投手のような位置づけだった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1878文字/本文:2162文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次