読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1099297
0
パチンコ裏物語 店長大暴露編
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『パチンコ裏物語 店長大暴露編』
[著]阪井すみお [発行]彩図社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ





 本日は、『パチンコ裏物語 店長大暴露編』をご指名、ご来店いただきまして誠にありがとうございます。


 ぼくは、しがないパチンコ店員として20年、北は北海道から南は九州までフラフラ放浪してきました。本書は、そんなパチンコ店員生活の中で見聞きした驚き呆れるパチンコ屋の実態と、そこに集う奇人変人たちの話をまとめた「パチンコ裏物語シリーズ」の第3弾です。



 前作、前々作では、ぼくが一店員として見たパチンコ屋の実態について書いたのですが、読者の方々から様々な意見をいただきました。

「おもしろい」「よくぞ言ってくれた」「納得した」などの好評をいただいた反面、「嘘つき」「話を盛りすぎ」「万年パチンコ店員の愚痴レベル」等など、手厳しい意見もいただきました。


 その中でも多かったのが、パチンコ屋のもっと深い部分、すなわち、「遠隔操作」や「ホルコン伝説」の真偽、「釘調整の法則」「パチンコ屋の儲けの裏側」などについてもっと知りたいというものでした。



 折り良く、前作出版後、ぼくは自分のブログなどを通して、現役・元店長諸氏及び業界関係者などとやり取りをする機会をもつようになりました。


 そこで、彼らに、読者の方々からいただいた質問をぶつけてみたのです。その結果見えてきたのは、パチンコ業界の更なる闇。店長などの役職者だけが知っている、パチンコ業界の驚くべき姿でした。その驚愕の大暴露の数々をまとめたのが本書です。


 本書は全体を大きく4章に分けています。


 第1章『店長が明かす「噂の真相」』では、ホルコンの正体、顔認証システムと遠隔操作の実態、パチンコ攻略法や釘調整の法則など、パチンコファンの間でまことしやかに囁かれる「噂の真相」を、店長にここだけの話として明かしてもらいました。


 第2章『パチンコ屋の儲けのカラクリ』では、ボーダーラインの現実や、脱税問題、三店方式と換金問題など、知られざるパチンコ屋の儲けの仕組みについての話をまとめました。


 第3章『パチンコ店店長の生態』では、謎に包まれたパチンコ店店長の仕事を紹介。


 第4章『痛すぎるパチンコ屋の実情』では、パチンコにまつわる本当にあった衝撃のエピソードを集めました。


 ここ数年、パチンコ業界を巡る環境は著しく変化し続けています。


 東日本大震災による節電問題、広告規制、新台価格の高騰及び入れ替えサイクルの高速化、4円MAX機の更なるギャンブル化、そして消費税の増税……、状況は年々悪化の一途を辿っています。


 パチンコにまつわる規制も徐々に厳しくなり、モーニングやイベントなど昔は当たり前のように行われていたことがほぼできなくなりました。


 そんな中で、パチンコ屋の経営スタイルは客に対して益々厳しくなっています。今まで以上に「回らない」「遊べない」「貸し玉が少ない」のは当たり前。パチンコファンの不満の声は……もはや声を上げる気力もなく、黙ってパチンコから足を洗う人が増えているようです。



 パチンコ業界全体が不況であえぐ今、ホールの裏側では何が行われているのでしょうか。その驚きの実態は本書をお読みいただければ自ずと明らかになることでしょう。


 それではみなさま、大変お待たせ致しました。『パチンコ裏物語 店長大暴露編』只今より開店とさせていただきます。読者のみなさまにおかれましては、お時間の許します限り、ごゆっくりとお楽しみくださいませ。

阪井すみお

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1393文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次