読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1099309
0
パチンコ裏物語 店長大暴露編
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2 釘調整の厳しい現実

『パチンコ裏物語 店長大暴露編』
[著]阪井すみお [発行]彩図社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 遊技台1台当たりの平均売上は2万円程度。


 1台あたりの平均粗利は3000円程度。


 業界人と、売上や粗利の話になると概ねこのような数字が出てくる事が多い。


 この数字が本当なら、仮に500台設置しているパチンコ屋なら1日の売上は1000万円、粗利が150万円(15パーセント)という事になる。


 最近の売上事情はわからないが、ぼくの経験&体感上これは「少なすぎる」金額に感じる。


 思うに、これは非稼働の台も含めた総設置台数から算出した数字ではないだろうか。


 この数字を現実に稼働している台だけという事で修正し、仮に「半分の250台」として計算すると1台あたりの売上は4万円、粗利6000円になる。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1966文字/本文:2262文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次