読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-1
kiji
0
1
1099313
0
パチンコ裏物語 店長大暴露編
2
0
3
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
6 三店方式いろいろと換金問題

『パチンコ裏物語 店長大暴露編』
[著]阪井すみお [発行]彩図社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
3
| |
文字サイズ




 パチンコを語る時に避けて通れないのが換金問題と三店方式である。


 三店方式というのは、次のような景品買い取りシステムのことである。


〈パチンコ屋〉が〈客〉に特殊景品を渡す


 ↓

〈景品交換所〉は〈客〉から買い取った特殊景品を〈景品問屋〉に手数料を乗せて売る


 ↓

〈問屋〉は〈景品交換所〉から買った特殊景品に手数料を上乗せして〈パチンコ屋〉に売る


 ↓

〈パチンコ屋〉は〈問屋〉から仕入れた特殊景品を再び〈客〉に提供する



 景品買い取りシステムでは守らなければならないルールが3つある。


 ①パチンコ屋と買取業者に特定の関係がないこと


 ②パチンコ屋と買取業者間に運転資金のやりとりがないこと


 ③無価値な景品の買い取り、還流がないこと



 である。


 だが、この景品循環システムだとパチンコ屋が常に損をする形になるため、血縁者、同族経営の三店営業、自家買いといった脱法行為が行われるケースが稀に出てくる。



 景品を右から左へ流すだけで手数料を得ることができるオイシイ商売という事で、昔は訳ありの連中が存在したのは事実である。



 店長諸氏に「このシステムについてどう思うか」とアンケートをとったところ、

「第三者による三店方式厳守という条件で合法である」

「新しい法律が必要になると思うが、ギャンブルとして認定すべき」

「今のままでやるべき。白にも黒にもなってはいけない」


 など様々な意見をいただいた。



 ちなみに、三店方式の流れは関東と大阪は若干違い、大阪では、


〈パチンコ屋〉


 ↓

〈客〉


 ↓

〈福祉事業協会〉


 ↓

〈大和産業〉


 ↓

〈パチンコ屋〉



 という流れになっている。


 三店方式には地域性があり、ユニークな方式では「三重方式」がある。以下、『パチンコ学講座』(宮塚利雄著・講談社)からの抜粋である。

「三重県遊技業協同組合が印刷会社(大日本印刷)から景品の『栞』を仕入れ、これを各支部組合に納入する。パチンコ店は各支部組合から栞を購入して、裏面に店名と日付を記入する。パチンコ客はパチンコ店から栞を受けとって商店と呼ばれる景品交換所で換金する。回収された栞はすぐにパンチされ、穴があけられる。商店はこの栞を金融機関に持参して決済される。金融機関に持ち込まれた栞は各支部が引き取り焼却する」



 最終的に「焼却」されるために循環しないシステムである。この他にユニークなものとしては「四店方式」の確立で県下のどこの景品交換所でも換金できる「岡山方式」もある。


 三重方式も岡山方式も個人的に非常に興味ある換金システムだが引用した本が15年以上も前のものであり、近隣店舗に知り合いがいないため最新の状況がわからないのが残念である。


 最後にもう1つ、各店長に問い合わせてみたところ「○○方式(○○は地名。筆者の心の小動物が危険と判断したので伏字にさせていただく)」という特殊なシステムを教えてもらった。


〈パチンコ屋〉


 ↓

〈客〉は店外の〈自動換金機〉で現金に交換


 ↓

〈パチンコ屋〉が〈自動換金機〉から景品を回収



 大丈夫なのか、これ?



 換金について、ぼく自身の意見を言うと「条件付きでOK」だと思っている。条件とは「第三者による三店方式の厳守」である。「自家買い」など問題外だ。


 本音を言わせてもらうと「換金できないギャンブルほどつまらないモノはない」と思っている。パチンコは紛れもなくギャンブルである。そこをボカすからおかしな話になる。ギャンブルの是非は別にして、パチンコは「民間ギャンブル場だ」と認めたうえで「少額換金なら認めてもいいのでは」とぼく自身は思っている。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
3
残り:0文字/本文:1455文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次