読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1099319
0
パチンコ裏物語 店長大暴露編
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
4 店長集団暴行事件(1)

『パチンコ裏物語 店長大暴露編』
[著]阪井すみお [発行]彩図社


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 表向きは平等な条件で昇進できる〈試験制度〉を導入している大手と違い、個人的な繋がりで昇進する小規模店で店長になるのは容易ではない。


 真面目に勤務しても両替担当や主任止まりが関の山で、店長が辞めない限り自分がその位置に収まる事はないのだから「やる気を出せ」と言われても出てくるのはため息ばかりだ。

「……何とかしなければ」と思ったところで「何ともならない」のが現実だが、「力でねじ伏せても何とかする!」という妙なやる気が暴走すると「事件」に発展する事がある。



 最近のパチンコ屋はまともになり「従業員を選んでいる」そうだが、昔はヒト科の生き物なら誰でも採用するパチンコ屋が掃いて捨てるほどあった。


 やる気もへったくれも関係なく、「今から働けるか?」「へい、親分」で即、採用である。寝床と食事には困らない最低限の生活と最底辺の仕事、それがパチンコ屋だったのである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3012文字/本文:3391文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次