読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1099373
0
ビンボーになったらこうなった!
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「総量規制」の功罪

『ビンボーになったらこうなった!』
[著]橋本玉泉 [発行]彩図社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 2010年6月、貸金業法改正に伴い、貸し付けの制限、いわゆる「総量規制」が施行された。


 すなわち、ローン会社や消費者金融は、借り手の年収の3分の1までの金額までしか貸すことができないということになったのである。


 この総量規制そのものは、とても正しいと思う。借金とは本来、返すことができる分だけ借りるのが基本だ。


 筆者も経験があるが、返済能力を超えた借金というのは、いずれは必ず返済不能になる。カードローンやキャッシングのような高金利の借金は、ちょっと油断しただけで金利だけでも支払いが難しくなるケースが珍しくない。


 そして、返せない借金というものは、苦しみしか生み出さない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1745文字/本文:2033文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次