読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1099703
0
韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
国語の教科書に出てくる典型的な「悪人」「日本巡査」の裏面

『韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態』
[著]崔碩栄 [発行]彩図社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 私が高校を卒業してから、20年余りが過ぎた。その間に、韓国は何度も政権交代を行い、教育課程についても、何度も改訂作業が行われた。当然のことではあるが、最近の教科書を見ると、時代の流れを感じずにはいられない。


 白黒印刷で、文学作品がただ羅列されていただけの教科書とは大きく異なり、最近の教科書はカラー印刷で、写真や挿絵も多いし、関連情報がいくつも紹介されている。


 もちろん、「外見」だけでなく、内容も21世紀に合わせるかのように、多様な主題が取り揃えてある。冷戦が終わりを告げたことを受けてか、「反共」を訴える内容はほとんどなくなり、平和、共存を訴える内容が増えた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1986文字/本文:2269文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次