読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1099982
0
なぜ? シンガポールは成功し続けることができるのか
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
08 シンガポールは、なぜ、華僑の国となったのか(1)

『なぜ? シンガポールは成功し続けることができるのか』
[著]峯山政宏 [発行]彩図社


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 前項でもすでに説明させていただいたが、シンガポールというのは、もともと、華僑の国ではない。


 では、どのようにして、この国が華僑の国になったかというと、そこには2つの大きな歴史的な事件がある。しかも、どちらもシンガポールの元宗主国であるイギリスが発端になっている。


 すでに、ここまで本書を読まれた方はそれが何か気づかれているかもしれないが、その歴史的な事件とは左記の2つである。


(1)中国で勃発したアヘン戦争

(2)シンガポールを自由貿易港として建設したこと



 本項では、まず(1)について説明したい。


(1)中国で勃発したアヘン戦争


 この話の本題に入る前に少し考えてみてほしいことがある。有名なシンガポール料理は? と聞かれて、何を思い浮かべるだろうか?


 多くの読者の方にとって、日本から遥か彼方の熱帯の小さな島の料理なんて、何も知らないというのが正直な感想かもしれない。


 代表的なものを挙げれば、チキンライス、肉骨茶(ばくてー)、ホッケンミー、オイスターオムレツ、ヨントーフーなどがある。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3457文字/本文:3900文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次