読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1100051
0
「教育超格差大国」アメリカ
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
アメリカを偉大なハイテク大国にした「オタク」をさらに育てる

『「教育超格差大国」アメリカ』
[著]津山恵子 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 テキサス州に住む中学生アーメド・モハメド君は、お手製の「目覚まし時計」を夏休みに作って、科学の先生に見せるために学校に持っていった。アルミケースに入り、基盤や配線が入り組んで、九九セントショップで売っている時計の一〇倍ぐらい大きな時計だ。ところが、授業中に目覚ましが鳴り、担任教師は、それを爆弾と思い込んで通報。モハメド君は、一四歳にして、警察官に手錠をかけられ、警察署で指紋まで取られるという悲惨な目に()った。


 しかし、これがイスラム系の名を持つモハメド君に対する「偏見」に根付く検挙ではないかとニュースになった。オバマ大統領がすかさず、ツイッターでつぶやき、事態をやわらげた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1279文字/本文:1573文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次