読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1100422
0
裏社会 闇の首領たち
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
伝統の侠風を伝えたいぶし銀の重鎮 小西音松(初代小西一家総長)

『裏社会 闇の首領たち』
[著]礒野正勝 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ





 三代目・四代目山口組で若頭補佐を務め、五代目山口組では顧問に就任。三代にわたって最高幹部を務めた武闘派の重鎮である。当初は自分の組織を小西組と呼称していたが、のちに小西一家に改称した。

 田岡三代目から盃を受けて直参となり、「全国進攻作戦」の尖兵として勢力拡大を図った。

 実兄の小西豊勝が小西組を結成し、弟の音松も早くから極道の世界に入り、“極道兄弟”として有名だった。前述のように、第一次頂上作戦で山口組が弱体化した際に山口組解散を唱えた地道行雄に反対して、組織維持を強調。病気で入院中だった田岡一雄を鼓舞した極道魂は、今もヤクザ社会で話題になるほどである。


 山口組の長老として強い影響力を見せていた小西音松は、渡辺芳則五代目体制では、78歳で顧問に就任。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2002文字/本文:2331文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次