読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1100646
0
ガラケー男がネット副業で年収5000万円
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ヤフオク!やアマゾンでの転売は“お小遣い稼ぎ向き”

『ガラケー男がネット副業で年収5000万円』
[著]五十嵐勝久 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 それでは、稼げるネット副業について具体的に考えてみましょう。いざネット副業を開始しようとしても、何をどう始めるか悩んでしまいますよね。


 いま現在、ネットビジネスとして世間に広く浸透しているのは「ネット転売」「YouTuber」「ブログアフィリエイト」あたりだと思います。なかでも、もっとも成果が出やすいと言われているのはネット転売で、すでに副業にしている人がみなさんの周りにもいるのではないでしょうか?



 ネット転売とは、ご存知のとおり安く買ったものをネットオークションなどで高く売ることで稼ぐ方法です。古本や中古のDVD、CDなどを安く買って転売し利益を得る方法は「せどり」とも言われますが、基本的な仕組みは一緒です。


 ネット転売の主戦場は、ヤフオク!やアマゾンマーケットプレイス、メルカリなど、個人が簡単に売買できるネットショップです。オークションやアプリ出品のための作業が面倒だという人やパソコンスキルがない人のために、割安の手数料でオークション代行を行う業者も複数登場しています。


 ひと昔前は、商品知識や審美眼のない素人が高額商品を安く手に入れるのは難しい……というイメージがありましたが、今はPCやスマホで瞬時にその商品の相場や価値を調べることができるので、儲かりそうもないものをムダに買ってしまうリスクがグンと減りました。


 最近では、商品のバーコードをスキャンするだけで商品情報やネットショップでの最安値、出品者数などの情報を確認できるスマホ用アプリも開発されていて、初心者でも商品の購入がますます簡単になっています。そのためか、転売&せどり人口はどんどん増加しているようです。



 ネット転売は商品が売れればすぐにお金が入るので、「ネット副業で稼げた!」という実感を早く味わいたい人にはぴったりだと思います。ただ、継続的にたくさん稼ぐための副業としては、僕はあまりおすすめしません。お小遣い稼ぎにはちょうどいいのですが、継続的にたくさん稼ごうとなると、それなりのリスクを抱えなければならなくなるからです。


 だって、ネット転売で月100万円を稼ごうと思ったら、かなりの在庫を抱えなければいけませんよね。それがすべて売れればいいですが、もし売れなければシャレになりません。あまり在庫を抱えなくて済むよう、マメに買い付けに行っている人もいるようですが、それだとサラリーマンには負担が大きい。本業に支障が出てしまう可能性があります。


 僕の知る限り、副業としてネット転売で月100万円以上稼いでいる人はいません。安く商品を仕入れるために海外など遠方まで出向くことが増えたり、納品作業などに時間が取られるようになったりするので、本業を続けられなくなるからです。もちろん、在庫を保管するために倉庫やマンションの一室を借りる必要も出てきます。それなりの労力をかけリスクを背負って、それ一本のビジネスとして取り組まなければ、ネット転売で月100万円以上稼ぐのは難しいのです。それに、安定して稼ぎ続けるためには、やはり精通したジャンルを持っていないと厳しいと思います。精通したジャンルでなければ、世の中の人が本当に欲しいものを見極めるのが難しいですからね。精通したジャンルがなく、“流行りモノ”“より安く仕入れられるモノ”を求めて商品を探すとなると、それなりに手間も時間もかかるので、やはり副業の枠で収まらなくなってしまいます。



 ネット転売は、家にある不要な物を売ったり、安く購入できる物を見つけたらその都度購入して売ったりして、月に4~5万程度稼ぐにはとても割のいい副業だと思います。労力やリスクを回避しようとなると上限が見えてしまうので、継続的にたくさん稼げる副業を始めたい人向きのネットビジネスではなく、あくまで“お小遣い稼ぎをしたい人向き”のネットビジネスだと捉えておいたほうがいいでしょう。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1595文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次