読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1100972
0
封印された鉄道史
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Episode:02 【誕生目前でついえたディズニーランド駅】市史から抹殺された駅名

『封印された鉄道史』
[著]小川裕夫 [発行]彩図社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 都心に向かう電車はいつも通勤のビジネスマンで満員になっても反対方向に走る電車はガラガラ。そうした非効率的な運行体制に不満を抱いていた阪急電鉄の創業者・小林一三は、郊外に動物園や遊園地を建設して、都心とは逆側に走る列車にも乗客が乗るように工夫した。こうした沿線開発を手掛けることで、鉄道会社は収入効率のよいビジネスモデルを構築できた。


 小林の手法は各地の鉄道会社も模倣した。そのため、鉄道会社の多くは系列の遊園地を造った。今でも鉄道会社もしくは子会社が運営している遊園地は多い。例えば西武は豊島園、富士急は富士急ハイランド、近鉄は志摩スペイン村といった具合だ。


 鉄道会社が経営する遊園地ではなくても「読売ランド前」(小田急電鉄小田原線)、「スペースワールド駅」(JR九州鹿児島本線)、「ハウステンボス駅」(JR九州大村線)など遊園地名をそのまま冠している駅も多くある。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1873文字/本文:2257文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次