読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1100985
0
封印された鉄道史
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Episode:15 【駅を封鎖する権限が衆議院にある?】国会議事堂前駅を封鎖せよ!

『封印された鉄道史』
[著]小川裕夫 [発行]彩図社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 地中のはるか下方を走る地下鉄は、その実態が見えにくい分、様々な都市伝説を生んできた。


 その代表的なものが、「地下鉄有楽町線は有事の際に核シェルターの役割を果たすことになっている」という内容だ。


 有楽町線の沿線には、政府関連施設がひしめいている。日本の政治の中枢が集まる永田町駅、防衛省のある市ヶ谷駅、警視庁のある桜田門駅は有楽町線の沿線だし、自衛隊関連施設も数多い。そうしたことから、「有楽町線が核シェルターになる」などと言った都市伝説が生まれたのだろう。


 なぜこうした話が真実味を持って語られるのかというと、そこにはちゃんと理由がある。


 東京23区の地下には、無数の地下鉄が走っており、巨大な地下街も形成されているため、こうした都市伝説が生まれやすい。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1379文字/本文:1707文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次