読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1100989
0
封印された鉄道史
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Episode:18 【天皇の特別列車には規則が満載】お召列車秘密のルール

『封印された鉄道史』
[著]小川裕夫 [発行]彩図社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 天皇の特別列車、お召列車は内装・外観といった車両における特徴だけではなく、運行規則にもさまざまな特別ルールがあった。


 天皇が乗車するお召列車は、ほかの列車と並走してはならず、追い抜かれることも許されていない。それでいて、立体交差を通る際は上の線路に列車を走らせることも禁じられていた。運行規則が定められた当時は、まだ列車ダイヤにも余裕があったのだろうが、今の過密ダイヤでこうした天皇を意識したダイヤを作成することは難しい。


 お召列車の運行は、第一章で紹介したお雇い外国人ページのダイヤグラム技術により、1秒の隙もないほど厳密に決められていた。発車時刻が狂えば、それだけで責任問題になる。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1252文字/本文:1546文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次