読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1100996
0
封印された鉄道史
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Episode:25 【神器の移動もひと苦労…】三種の神器は列車に乗って

『封印された鉄道史』
[著]小川裕夫 [発行]彩図社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 皇居の御所の天皇の寝室の隣には剣璽の間がある。そこに安置されているのは神剣と神璽(まがたま)で、三種の神器のうち宮中三殿の賢所に安置されている神鏡を除いた、この二つを総称して「(けん)()」と呼んでいる。


 戦前、天皇が旅行などで宮城を一泊以上離れる際には、侍従が剣璽を携えて随行する習わしがあった。そのため御召列車には剣璽の間が設けられていて、駅で下車するときは天皇の前後を神剣と神璽を持つ侍従が歩いた。この剣璽を一緒に移動させる習わしを「剣璽動座」という。


 鉄道が開業する以前の江戸時代、天皇は京都にいて移動することはまれだった。移動するにしても天皇の都合が優先され、剣璽動座はそれほど煩わしい作業ではなかった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1351文字/本文:1662文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次