読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1100997
0
封印された鉄道史
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Episode:26 【簡易型お召列車「クロ157」】天皇が乗る電車

『封印された鉄道史』
[著]小川裕夫 [発行]彩図社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 これまで見てきたように、お召列車は天皇が乗車するだけあって特別な仕様になっている。地方のローカル線も走れるように機関車がけん引するのが習わしだった。


 しかし、天皇は普段、東京の皇居で生活している。東京近郊の路線はほとんど電化されている。那須や下田といった近場の御用邸まで静養に向かうとき、わざわざお召列車を車庫から出してくるのは手間がかかるし、機関車を走らせるのは効率がよくない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1284文字/本文:1475文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次