読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1101005
0
封印された鉄道史
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Episode:33 【列車は焼け野原を走り続けた】空爆されても列車は止めません

『封印された鉄道史』
[著]小川裕夫 [発行]彩図社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 日本の鉄道システムは、世界でも類を見ないほどの正確さで運行されている。定時運行率は毎年95%以上が普通となっている。日本の鉄道の定時運行とは誤差が2分以内のことを指すが、鉄道技術が高いとされているヨーロッパですら20分以内の誤差なら定時運行とみなされる。もはや諸外国と日本とでは時間通りに列車を走らせる技術には雲泥の差がある。


 このように前提となる基準が違うので比べようもないが、さらに付け加えるならば、日本の場合は発着本数が他国に比べて圧倒的に多く、しかも線路の本数が少ない。


 たとえば、JR新宿駅といえば日本を代表する巨大ターミナル駅のひとつだが、それでも13番線までしかない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1235文字/本文:1527文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次