読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1101006
0
封印された鉄道史
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Episode:34 【地方に疎開するのも大変だった…】疎開列車の必死

『封印された鉄道史』
[著]小川裕夫 [発行]彩図社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 太平洋戦争が勃発した当初の日本軍は連戦連勝。ところが昭和17年(1942年)のミッドウェー海戦の敗戦を機に日本軍は負け始める。本土の空爆が激化していく中、昭和19年6月に「学童疎開促進要項」が閣議決定され、8月4日から疎開が開始された。


 それから東京都だけで、約23万5000人の学童が地方都市に疎開した。疎開先として人気だったのは福島県、群馬県、長野県など、どちらかと言うと北側が多く、長野は約3万6000人もの児童が疎開していった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1023文字/本文:1242文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次