読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1101008
0
封印された鉄道史
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Episode:36 【強制労働に従事させられた外国人捕虜】捕虜たちの通勤列車

『封印された鉄道史』
[著]小川裕夫 [発行]彩図社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 昭和17年(1942年)、時の日本政府は、国内の労働力不足を補うため、関係省庁と協議し、鉱山・土木・港湾・荷役といった分野に占領地などで捕縛した()(りょ)(捕虜のことを当時はこう呼んだ)を充てることを決定した。


 太平洋戦争の戦線が拡大した昭和19年には、この決定に基づき、各地で捕縛されたアメリカ、イギリス、オランダ、カナダの兵士が次々と日本国内に連行されるようになった。当時、日本には全国に俘虜収容所があり、俘虜はそれら施設に送り込まれ、強制労働を強いられた。


 国内の成人男子のほとんどは戦場に駆り出されていたこともあり、俘虜の大部分は力仕事に従事した。いくら俘虜といえども、無為徒食を許さないという日本政府の方針だった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1363文字/本文:1680文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次