読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1101018
0
封印された鉄道史
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Episode:45 【環境に優しいはずが自然破壊!?】鉄道は本当にエコなのか?

『封印された鉄道史』
[著]小川裕夫 [発行]彩図社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 鉄道が社会的使命を帯びていることから、各種の優遇を受けていることは前項で触れた。


 近年、NPO活動が高まり、企業の社会的責任(CSR)も大事な要素になってきた。そうしたCSRでも、特に重要視されるのが環境問題への取り組みだ。鳩山由紀夫元総理大臣は、2025年までに温室効果ガスを90年代ベースで25%削減することを表明したが、こうしたCO2削減の社会的傾向は、鉄道にも大きな影響を与えている。


 特に、環境意識の高まりでメリットを受けているのがJR貨物だ。


 鉄道は軍事物資を運ぶことで全国に路線を広げてきた。戦時中は貨物輸送が優先されたが、戦後は通勤需要が高まり、次第に旅客輸送にシフトしていく。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1365文字/本文:1663文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次