読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1101028
0
封印された鉄道史
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Episode:54 【東急電鉄の剛腕創設者】強盗慶太のあくなき執念

『封印された鉄道史』
[著]小川裕夫 [発行]彩図社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 アメリカの有名な投資家であるウォーレン・バフェットはアメリカの鉄道会社を買収した際に「子供のころに父が電車セットを買ってくれなかったから、こうなったんだ」と報道陣にジョークを飛ばした。氏のように、幼少時代に鉄道に夢中になり、いつかは自分の鉄道会社を持ってみたいと夢見る鉄道マニアはたくさんいる。


 この日本にも、子供の頃に電車セットを買ってもらえなかったからという理由ではないが、鉄道会社の株を次々に買い、掌中に収めた人物はいた。東急電鉄の創業者・五島慶太である。


 五島はもともと鉄道院に勤務していた。田園調布を開拓し、そこに都心への交通手段として線路を敷いた渋沢栄一は、小林一三に経営を任せようとしていた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1197文字/本文:1501文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次