読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1101029
0
封印された鉄道史
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Episode:55 【早川徳次vs五島慶太】東京地下鉄戦争

『封印された鉄道史』
[著]小川裕夫 [発行]彩図社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 昭和2年(1927年)1230日。日本初の地下鉄が浅草~上野間で開業した。


 地下鉄開業に尽力したのは、後に地下鉄の父とまで呼ばれる早川(のり)(つぐ)だった。早川は大正3年(1914年)にロンドンで初めて地下鉄を目にした。そのとき以来、日本にも地下鉄が必要だと考えて一心不乱に地下鉄建設に力を注いできた。


 銀座線の開業式は、早川にとって晴れの舞台だったに違いない。しかし、銀座線の浅草~上野間の開業は始まりに過ぎない。もともと銀座線は新橋までの開業を計画していた。しかし、工事中に関東大震災による被害を受け、また、地下鉄という新しい技術に出資する者がなかなか集まらず資金不足に陥ったため、暫定的に浅草~上野間で地下鉄を開業させたのである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1229文字/本文:1552文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次