読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1101425
0
現役営業マンが明かす 不動産屋のぶっちゃけ話
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
オープンハウスの悲劇

『現役営業マンが明かす 不動産屋のぶっちゃけ話』
[著]関田タカシ [発行]彩図社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


「何これっ!?


 あるマンションでの「オープンハウス」の最中、その場にいたお客様夫婦と私が同時に固まった出来事があった。


 物件の現地販売会であるオープンハウスは、ほぼ毎週のように、いろいろな場所で開催されている。


 会社によってオープンハウスの呼び方は異なるが、「オープンルーム」「現販」「OH」「OR」などは、ほぼ同じく「営業マンが現地に張り付いて売る」という類のものだ。


 物件の担当者は恰幅のいい先輩社員の寺田さん。10年選手のベテランだ。


 本来は、寺田さんが1日その部屋に「詰める」予定だったものの、他のご案内が入ったため、前半は私が交代することになったのだ。


 寺田さんは、ノボリや看板などの設営を終えると、

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2653文字/本文:2959文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次