読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1101451
0
現役営業マンが明かす 不動産屋のぶっちゃけ話
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
不動産売買仲介業の醍醐味「回転」

『現役営業マンが明かす 不動産屋のぶっちゃけ話』
[著]関田タカシ [発行]彩図社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 不動産の売買仲介業は、「不動産を右から左へ動かしているだけじゃないか!」「他人のふんどしで相撲を取りやがって!」などと()()されることがある。


 不動産の売主と買主の間をつなぎ、その中間マージンをいただくという仕事ゆえ、まあ、こう言われるのも仕方ないと言えば仕方ないだろう。


 実際、不動産売買仲介業の営業マンは、いかに「不動産を右から左に動かして」利益を得たかを誇らしげに語る。

「あの物件は俺が2回転させたんだ!」

「3回転したからおいしい案件だった!」


 この「回転」という表現は物件が「動いた」回数であり、物件が動けば動くほど、売買仲介業者は儲かる。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1870文字/本文:2150文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次