読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1101511
0
実録! いかがわしい経験をしまくってみました
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Vol.3 「立ちんぼ」についていってみた!

『実録! いかがわしい経験をしまくってみました』
[著]藤山六輝 [発行]彩図社


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「オニイサン、アソビマショ」

「マッサージ、エッチモアルヨ?」


 繁華街の喧騒の中、カタコトの日本語が投げかけられる。声のする薄暗い路地に目を向けると、そこには娼婦丸出し、ケバケバしい身なりの女が腕組みをして立っている……そのような経験は、誰でも一度や二度はあるのではないか(ないか?)。


 むろん、このように街頭で客を取り売春をする行為は摘発の対象だが、彼女たちは時として男性の腕や洋服を掴んできたり、強引に暗闇へと引きずりこもうとしてくることもある。


 あるいは、ただジーッと目配せをしてくるだけで、こちらから話しかけない限りは全くその場所から動こうとせず、不気味なオーラを周囲に醸し出しているというパターンも。


 そんな彼女たちは“立ちんぼ”と呼ばれており、エリアにもよるのだろうが、そのほとんどがアジア系の外国人女性で、その評判はお世辞にも良いとは言い難い。


 ボッタクリや美人局など、何かしらの被害に遭ったという悪評もさることながら、いかんせん年増のオバちゃんが多く、エッチ以前の問題もある(笑)。


 このような得体のしれない女性たちに、立ち向かう勇者などいるのだろうか? 実際、エロ本出版社勤務経験がある私でさえ、なんとなく興味はあるが敬遠している状態で、声をかけられても普段はスルーしていた。


 しかしながら、ある日、とんでもない美女に出会ってしまったのだ……。



  北川景子似の“座りんぼ”に声をかけられる



 私は、都内のとある繁華街で飲んでいた。


 終電間際、人混みを避けて裏道から帰ろうとしていると、いつものごとく、立ちんぼからひっきりなしに声をかけられた。

「カッコイイオニイサン、ツカレテルデショ? マッサージ?」

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3707文字/本文:4414文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次