読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-1
kiji
0
1
1101804
0
プロ野球 最強のエースは誰か?
2
0
7
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
強力投手陣で築いた黄金の1980年代

『プロ野球 最強のエースは誰か?』
[著]野村克也 [発行]彩図社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
7
| |
文字サイズ



「神様、仏様、稲尾様」とまで言われたスーパーエース稲尾和久が登場する以前、草創期の西鉄投手陣を支えたのは巨人から移籍してきた川崎徳次さんだった。快速球とテンポのいい投球で、1953年には最多勝(2415敗)、最優秀防御率(1・98)の二冠に輝いている。さらに1953年デビューの西(にし)(むら)(さだ)(あき)さんが翌年、22勝5敗で西鉄初優勝に貢献した。稲尾の入団は1956年。この年から西鉄は巨人を撃破し、日本シリーズ3連覇の偉業を成し遂げる。


 その後、エースのバトンは稲尾から池永正明、東尾修へと渡されていくが、「黒い霧事件」や球団の身売りなどの影響もあり、成績は低迷する。


 大型補強などで優勝戦線の常連へと変貌するのは親会社が変わり、1979年に球団名が西武ライオンズとなってからだ。「球界の寝業師」こと根本睦夫さんが実質的なGMとして辣腕をふるい、ドラフト会議やトレードにより有力投手を獲得。これが1980年代の西武黄金時代となって実を結んでいく。()(どう)(きみ)(やす)、松沼博久・雅之兄弟、森繁和、渡辺久信、(かく)(たい)(げん)、渡辺智男、石井丈裕……。彼らの兄貴分として投手陣の顔となったのが、“野武士軍団”西鉄時代からの生き残り、東尾だった。


 私は現役最後の2年間、西武でマスクを被ったが、松沼兄とコンビを組むことが多かった。松沼兄は下手からのストレートを武器に1610敗で新人王を獲得した。彼にはストライクではなく、ボールを投げる重要性を諭した。ロッテの4番レオン・リーを迎え、二死満塁、カウント3‐2となった場面で高目のボール球を要求し、三振を奪ったことは彼も覚えているらしい。


 強い西武の時代にコンスタントに勝ち星を挙げたのは左の工藤、右の渡辺久。工藤はヒジの使い方が柔らかく、当初の球種は速球とカーブだけだった。東尾から学んだのか、右打者の内角を攻めるスライダーを使うようになってから一段と打ちにくい投手になった印象がある。まさか47歳までプレーするとは思わなかった。渡辺久は制球力にはやや欠けるが、威力十分のストレートが持ち味。2人とも日本シリーズに強く、常勝西武の若き柱となった。


 すでに強かった時代は終わっていたが、1999年入団の“怪物”松坂大輔も強烈なインパクトを残した投手である。縁あってリトルリーグの頃から知っている。


 夏の甲子園決勝でのノーヒットノーラン、新人時代のイチローとの名勝負、WBC2大会連続MVPと、華々しい話題が多い。日本では速球を軸に豊富な球種で圧倒的な力を示しながら、メジャーで苦労したのは本当の制球力がなかったからだ。そこにケガが加わり、フォームはすっかりバランスを欠いてしまった。ただ、ヒジの手術から時間が経過し、徐々に投げ方は改善されている。制球で勝負できるようにならなければ、彼の未来はない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
7
残り:0文字/本文:1198文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次