読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1102068
0
謎解き超常現象4
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
25 【メキシコに現れた正体不明の謎の生物】メテペック・モンスター

『謎解き超常現象4』
[著]ASIOS [発行]彩図社


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



【伝説】


 2007年5月、メキシコのメテペックにある鳥類研究所で、研究用に飼育されていた鳥が何者かに襲われる事件が多発していた。所長のマリオ・ロペスは次のように語る。

「鳥が殺されて食べられていたんだ。頭にきて罠を仕掛けたら、あれがかかってたんだよ※①


 当初はネズミの仕業だと思っていたロペスだが、罠を仕掛けてみたら思わぬ生物が捕まって驚いたという。その生物は大きな目に、とがったアゴを持ち、体長は10センチほど。それまで誰も見たことがない奇妙な外見から、メテペック・モンスターと名付けられた。


      【左】罠で捕獲時のメテペック・モンスターとされる写真【右】剥製になったメテペック・モンスター(※②)



 このモンスターは捕獲後、2度、水につけて殺そうとしたものの、なかなか死なず、3度目でようやく死んだという。このことから未知の水陸両棲生物だと考える者もいる。いわゆるグレイ・タイプの宇宙人にも見えるため、宇宙人の子どもではないかと考える者もいる。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3494文字/本文:3920文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次