読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1102119
0
「愛され運」をつかむ50のルール 幸せな恋をするために大切なこと
2
0
29
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 目をみつめながら、彼の話を聞くことができる

『「愛され運」をつかむ50のルール 幸せな恋をするために大切なこと』
[著]浦野啓子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
29
| |
文字サイズ




 みなさんは、意中の彼に振り向いてもらいたいとき、どんな仕草を心がけていますか。
「こんなに彼のことを好きってアピールしているのに、ちっともわかってくれないのよね……」

 そう嘆いているあなたは、自分の行動をちょっとふりかえってみてください。自分では伝わったと思っている好意でも、あまりにさりげなさすぎて、じつはぜんぜん伝わっていない、ということが多いんです。

 愛され運をつかむための、いろいろなシチュエーションでの“見せ方”を伝授しましょう。たとえば、彼との楽しいおしゃべりの時間。それは、彼を振り向かせるためのチャンスに満ちた時間でもあるのです。

 まずは、彼から目線をはずさないこと。「目は口ほどにものを言う」という言葉がありますが、恋愛において、あなたの瞳は大きな武器です。照れて自分の手ばかりみている場合ではありません。彼が話しているときには、目から“ラブビーム”を出しているつもりで、彼のことをじっとみつめましょう。

 女優さんやタレントさんには、近眼でも眼鏡やコンタクトをしない人が多いのだそうです。そうすると、相手をよくみようとして、顔を近づけることになりますよね。みつめられた男性はそれだけでドキドキします。

 それと同じです。じっとみつめれば、彼も「オレのことが好きなのかな?」とあなたのサインをしっかり受けとめてくれるはずです。
「あんまり目線を合わせていると、なんだかコワい女だと思われないかしら……」

 そんな不安を抱く人もいるかもしれません。でも、そんな心配は無用です。

 さらに、上手に目線をはずせば、それもりっぱな武器になります。会話が途切れた一瞬に、まつげをパチパチとさせる感じでまばたきしてみてください。ただ目線をはずすより、ちょっとプリティアクションになって、ずっとかわいらしく、あなたの魅力を引き出してくれます。

 もっと言えば、彼が真剣に話しているあいだはじっと目をみて聞き入り、話が一段落した瞬間にふっと目を閉じてみましょう。真剣な話というのは、しているほうにも緊張感がありますから、あなたのリラックスした表情で彼のこともリラックスさせてあげるのです。
「オレの話に退屈しているのかな?」なんて思われることはありません。それどころか、彼はあなたの表情に(いや)されて一気に恋愛モードに突入、なんてこともありそうです。

 また、ちょっとトボけた感じで「えっ?」なんて目をキョロキョロさせるのも効果ありです。こういう仕草は、アイラインやマスカラをバッチリきめた勝負メイクのときこそ、とても引き立ちます。


 

 「ねっ!」は男心をそそる魔法の言葉

 また、話の途中に「ねっ!」という合図を送ることも忘れないでください。「ねっ!」はどんな会話のなかでも織り交ぜられて、しかも必ず男性の心を浮き立たせてくれる、魔法の言葉なんです。

 男性がこの言葉を口にすることはまずありません。女性ならではのかわいらしさをギュッと凝縮したのが、「ねっ!」なのです。

 たとえば、彼が仕事のことでちょっと落ち込んでいるときに、
「ねっ! もう、イヤになっちゃうねー」

 と、共感していることを伝えるのにぴったり。

 そのほかにも、彼の喜怒哀楽に合わせて、
「やあね、そうだったの?」
「ほんとう、ねっ!」

 と言ったり、あるいは、「ねねねねね」と大奮発してしまいましょう。

 愛されるのは、こうした目線や言葉が自然と出てくる人です。「いままで考えたこともなかったわ」という人は、すこしずつでもいいですから、彼とのデートで実践してみましょう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
29
残り:0文字/本文:1457文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次