読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1102304
0
お江と徳川秀忠101の謎
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Q3 お江の優しい性格を物語る逸話とは?

『お江と徳川秀忠101の謎』
[著]川口素生 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 お江の三人目の夫・徳川秀忠はお江より六歳も年下で、公式には側室を置いていませんでした。また、お江は次男の徳川忠長に期待し、長男の徳川家光には時として微温的に接しています。さて、こういった事実が流布する段階で話に尾鰭(おひれ)が付き、六歳年上の正室=お江を嫉妬(しつと)(かたまり)、悪女の代表格とまでいう風潮が蔓延(まんえん)したようです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1129文字/本文:1302文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次