読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1102504
0
ガイドブックには載っていない 本当は怖い沖縄の話
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
怖い話其の15 【米軍基地問題1】普天間基地とオスプレイ

『ガイドブックには載っていない 本当は怖い沖縄の話』
[著]神里純平 [発行]彩図社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 日本政府と沖縄県の間では何かと丁々発止があるようだが、普天間基地の辺野古移転は着々と進められている。


 私は小学生の頃、普天間基地がある宜野湾市に住んでいたが、飛行機の音がものすごくうるさかった記憶が残っている。飛行機が小学校の上を通過するたびに爆音が響き渡り、授業が中断するのはお決まりだった。


 県外の人にこの話をすると驚かれるが、これが私たちの日常だった。


 現在は防衛局からの補助金で宜野湾市では飛行機が通過するルートに位置する住宅には二重窓にする手当が出るし、夏場は窓を開けることができないためクーラー取り付けに対する補助金もある。昔と違い基地問題はデリケートなものとして扱われるようになったため、騒音に悩まされることは少なくなった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2294文字/本文:2614文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次