読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1103127
0
謎解き超科学
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
11 【エネルギー問題はこれで解決?】フリーエネルギーは実現するか?

『謎解き超科学』
[著]ASIOS [発行]彩図社


読了目安時間:18分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



【伝説】


 物理学の基本原理であるエネルギー保存則によれば、エネルギーは形を変えるだけで、決して増えたり減ったりしない。火力発電が石炭や石油や天然ガスを、原子力発電がウランやプルトニウムを燃料としているように、必ず元になるエネルギー源が必要なのである。このため、無からエネルギーを取り出す「永久機関」は不可能とされている。


 しかし、空間には「宇宙エネルギー」とか「真空エネルギー」と呼ばれる無尽蔵のエネルギーが眠っている。それを利用しようとする研究が世界各地で行われている。それをフリーエネルギー(無料のエネルギー)と呼ぶ。


 ※①フリーエネルギー装置はこれまで世界各地でたくさん作られてきた。アメリカではブルース・デ・パルマの「Nマシン」、エドウィン・グレイの「EMAモーター」、ジョー・ニューマンの「ニューマン・マシン」、ロバート・アダムスの「アダムス・モーター」、ウィンゲート・ランバートソンの「WINシステム」など。他にもイギリスのジョン・サールの「サール効果発電機」、ドイツのウルリッヒ・シューマッハの「シューマッハ・モーター」、スイスの宗教団体メタニタが開発した「MLコンバーター」、インドのパラマハムサ・テワリの「宇宙力発電機」など、世界各地で様々なフリーエネルギー装置が開発されている。


      デ・パルマが製作した“永久機関”Nマシーン(※②)



      エドウィン・グレイのEMAモーター(※⑤)



 それらの中には超効率を実現したものがいくつもある。超効率というのは、モーターから入力以上の出力が取り出せたというもので、まさに空間からエネルギーを抽出していることを意味している。


 フリーエネルギー装置の中には、永久磁石を用いているものもある。永久磁石は釘を吸いつけて永久に持ち上げ続けることができる。釘を吸いつけた状態では、エネルギーが消費され続けている。これは永久磁石から無限にエネルギーが湧き出していることを意味する。先の「シューマッハ・モーター」もそうだが、日本でも湊弘平氏の「※③靖国一号」河合輝男氏の「※④河合モーター」など、永久磁石から磁気エネルギーを取り出したという例があり、新聞やテレビで取り上げられた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:7777文字/本文:8695文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次