読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1103607
0
いちばんやさしい三大宗教の本
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【豚肉のタブー、一夫多妻制】イスラム教徒の習慣

『いちばんやさしい三大宗教の本』
[著]沢辺有司 [発行]彩図社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



  病気を防いだ豚食のタブー



 イスラム教には、日本の生活とは大きく異なる習慣があります。


 食生活の面から言うと、豚肉を食すことがタブーとされています。これは『コーラン』にはっきり書かれていて、「豚肉を食べることを禁じる」というような言葉が4回も出てきます。


 ムスリムは、豚肉を使った料理や加工品はもちろん、ラードや豚骨スープなど、豚から抽出されたあらゆる成分を口にできません。豚肉をさばいた包丁でさえ嫌われ、包丁を売る際には、「この包丁は一度も豚肉を切ったことがありません」というイスラム協会の証明をつけなければいけないことになっています。


 なぜ、豚食が禁止されたかというと、当時の豚肉には、さまざまな寄生虫が潜んでいて、口にして健康を害する人が多かったから、という説があります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1706文字/本文:2046文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次