読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1103617
0
いちばんやさしい三大宗教の本
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【修行で神との合一をめざす】イスラム教の神秘主義

『いちばんやさしい三大宗教の本』
[著]沢辺有司 [発行]彩図社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



  堕落化した信仰へのアンチテーゼ



 イスラム帝国の征服活動によってイスラム教は各地に広まり、経済的にも発展しました。しかし、宗教的には堕落化した部分もありました。


 後継者カリフをはじめとする支配層は富と権力に執着するばかりだし、人々の信仰は単に形だけのものになっていました。


 そんな状況のなか、もっと真剣に純粋に信仰に取り組もうとして生まれてきたのが「スーフィズム」と呼ばれるイスラム神秘主義です。アラビア語で「タサッウフ」といいます。


 語源をたどっておくと、アラビア語で羊毛のことを「スーフ」といいます。


 神秘主義者が好んで身につけていたのが、羊毛の祖末な衣だったので、彼らのことを「スーフィー」と呼びました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1695文字/本文:2001文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次