読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1103774
0
なぜ、神さまを信じる人は幸せなのか?私がいちばん伝えたかった幸せ論
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「祈り」「願い」とは神さまに感謝すること

『なぜ、神さまを信じる人は幸せなのか?私がいちばん伝えたかった幸せ論』
[著]小林正観 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 日本語の語源辞典で「ありがとう」を引いたあとに「祈り」という言葉を引き、その次に「願い」という言葉を引きました。その結果、やはり衝撃的なことがわかりました。

「祈り」とは「意に乗る」(神の意に乗る)こと、つまり神の意に沿うことで、そういうことを神の意のままにやっていけばよいというのが「祈り」ではないか、と自分なりに解釈していたのですが、実は、「祈り」とは「意(神の意)+(のり)(のり)(ごと)(のり))」で、神の意を寿(ことほ)ぐこと、賞賛すること、ほめたたえることだ、ということがわかりました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1120文字/本文:1376文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次