読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1103852
0
ゼロからでも始められるアイドル運営 楽曲制作からライブ物販まで素人でもできる!【電子書籍版おまけ加筆つき!】
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
アイドルプロデューサーという職業

『ゼロからでも始められるアイドル運営 楽曲制作からライブ物販まで素人でもできる!【電子書籍版おまけ加筆つき!】』
[著]大坪ケムタ [著] 田家大知 [発行]コアマガジン


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 アイドルプロデューサーというと、つんく♂さんや秋元康さんのような業界人を想像する人も多いでしょう。


 しかし、現在アイドルの運営者は一般人が多くなってきています。


 30代~40代の男性、芸能関係者出身ではない、音楽関係者出身でもない、むしろ音楽にあまり興味がない、プロデュース業と平行してサラリーマンをやっている。アイドルを応援していたら、いつのまにかその子のプロデューサーになっていた。そんな人たちは決して少なくありません。



 路上ライブから紅白・国立競技場まで登り詰めたももいろクローバーZの活躍もあり、アイドル業界の裾野はかなり広がっています。誰でも自分の理想のアイドルを作れる、そんな土壌ができあがっているのです。


 そして、それと呼応するように、アイドルになりたいという夢を持つ女の子が、数年前と比べて格段に増えてきています。アイドルを作るということ、アイドルを見つけるという敷居は、想像以上に低いのです。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:406文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次